読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの忘備録

過去関心空間でのキーワードです

踊るサテュロス

 

f:id:m-sayeco:20161114164815j:plain

The Dancing Satyr of Mazara

愛知万博を前に東京国立博物館 表慶館 にて特別展

1998年3月5日 シチリア沖 水深480mの海底から

漁船の底引き網に引き上げられる。

古典後期からヘレニズム期への移行期か

希臘美術 最高傑作と目されるブロンズ像。

 

東博 表慶館

バシリカ式教会堂の中央円蓋へ歩みを進むべく

そのドゥオモのちょうど真下

美しい 青緑の 時の澱 を纏った

 古代希臘 ディオニソスの眷族

  サテュロス との邂逅

失語 失神 墜落の刻

観ている私が かのめぐりを廻り踊る

 

視線は 暗きあなうら から這い上がり

踊り上るししむら

       捩れる体躯 

            逞しい胸筋

 かしいだかんばせ

       饗宴の法悦 の

 うつろな象牙の眸穿

     うねり 

        なびき 

            ゆらぐ 線刻の頭髪

 失われし手腕に幻視する

   テュルソス(松毬を附した蔦霊杖)と

        聖獣(豹) と 

          クラテル(酒盃) の 標

 

       さらに上昇する視線は

          中央円蓋の

         光 の 帰納する 

          極まりへ

            *

げに恵まれし身なるかな、幸ひに

神來の祕儀に参與して

そのいのち淨められ

聖なる拂穢の式にあづかりて

靈魂の聖団の證を享け

山深くバッコスの躁宴にふけり

且つはまた大母神キュベレーの

祕祀をともに祝ひつ ゝ

聖杖をふりかざし

蔦かづら髪にかづきて

ディオニュソスに供えまつるは!     

             Eurip.Bakkh.72-82 エウリピデス

 

山深きアジアの蛮神ディオニュソスの狂乱が、

恰も何者の権能を以てしても阻止し難き悪役の傳播するごとく、

村から村へ、都市から都市へと飛火して、忽ちのうちに全ヘラスの美しき天地を血腥き靈氣に充たして行つたのは、

人も知る如く西暦紀元前六世紀のことであった。

 

然らばディオニュソス神の驚くべき勝利の原因は何處にあったか。

秘密は「永遠の生命」に存したのである。

ディオニュソスは己が帰依者に永遠の生命を、久遠のいのちを保證し

「新しき人」となる道を教えた。

しかも此の神は、その祭禮に参與する信徒達に、永遠の生命を親しく體験せしめたのである。

惨虐狂燥の限りをつくし、凄愴なること目を覆わしむるごとき

野蛮醜悪なる手段によってゞはあったが、

この暗き祭禮の醸し出す異様な狂憑の痙攣の裡に沈倫する信徒達は、

小我を脱却して大我に合一するの法悦を直験し、

肉體の緊縛を離れた靈魂の宇宙生命への帰一還没を自ら直證することを許された。

彼等は永遠の生命に触れ、

新しき人として甦生せる者の言慮を絶する至福を體験した。

 

   井筒俊彦 『神秘哲学』 第一部希臘神秘哲學

    第一章 (1) ディオニュソス神 より

        昭和24年 光の書房

             * 

http://www.tnm.go.jp/jp/servlet/Con?...