読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もえぎの忘備録

過去関心空間でのキーワードです

薔薇を聞く

.の画像

香 は 聞く と謂う。

 秋薔薇は、色鮮やかで 香も強いというが

それは夏の暑さを体得して

ひとまわり 花枝を伸張した

逞しい茎・枝・根の所以か

 しだいに冷たく澄んでゆく大気に溶ける芳香

 草の匂いが名残りの くゆりたつ青系の香

 おびただしい棘に護られながらも

 鬱蒼と色濃く茂った葉叢に咲く秋薔薇に

 もうはや 皐月の華やかさは ない

冬の眠りに就く前に

    神無月 雨

朽ちゆく さうび の 秋の眺め

 秋の陽射しの強いコントラストを受け

その一部が燃上する焔のごとき蛍光色を呈する橙の華叢

紅の黒黒しい花弁 黄の嫉妬 青の馨

この薔薇園では 白薔薇 でさえも

交配を繰り返して得た人工美の極致を

華麗な演舞を いやおうなしに感じざるをえない。

 

この人工美

舞台裏には、

年間を通してのなみなみならぬ薬散・剪定・施肥・定植

ひとを育てるに近い繊細な手仕事が垣間見える。

 

私は食あたり ならぬ 花あたり を起こしたのだろうか

薔薇花弁に起こるハレーションに眩惑と頭痛を感じて

同じ植物園とは思えないような、人の居ない隣の野草園に逃げ込んだ。