もえぎの忘備録

過去関心空間でのキーワードです

オフィーリア 溺死の女

の画像

ジョン・エヴァレット・ミレイ John Everett Millais(1829-96)  

ロンドン テート・ギャラリー 1851-52 カンヴァス油彩

   * * * * * *

 http://www.tate.org.uk/britain/...

本家ロンドン:テート・ブリテン ジョン・エヴァレット・ミレイ展 の巡回

 東京 Bunkamura2008年8月30日~10月26日

 Bunkamura ザ・ミュージアムHP スペシャル・ビジュアルツアーでも十分楽しめます。

   * * * * * *

映画:荒戸源次郎赤目四十八瀧心中未遂』にて 瀧壺に浮かぶ寺島しのぶさんのポスターは これだな と思った…

 そして「おふぇりあ遺文」は小林秀雄だったか…

 

 夏目漱石草枕』もありました http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/...

              * 

Pre-Raphaelite Brotherhood(P.R.B.)ラファエル前派 は 1848年ビクトリア時代の英の3人の画家によって結成。

  ジョン・エヴァレット・ミレイ

  ウイリアム・ホルマン・ハント

  ダンテ・ガブリエル・ロセッティ

若き芸術家集団P.R.B.は、レーノルズの中世復古浪漫主義や

ジョン・ラスキン『近代絵画論』に傾倒

自然という舞台を顕微鏡的に観察する一種独特の自然主義

神話や文学の主題を等質に描き込んだ画風で知られる 

               *

 画のモデル エリザベス・シダル は 後のロセッティ夫人

  詩画の才がありながら結核で病弱な憂鬱症

P.R.B.のモデルをつとめながら結婚後、神経症による薬物中毒で死亡

 

ロセッティ は7年の婚約期間を経て シダル と結婚

その間 後ウイリアム・モリス夫人となるジェーンにも思慕

 

そして ミレイの妻エフィー は ジョン・ラスキンの元妻

   ラスキンとの離婚直後に ミレイと再婚

      皆 顔見知りのお仲間たち

         *

緑陰深き花々に覆い尽くされた小川

狂乱のオフィーリアは

岸辺の枝に花輪をかけようと足をすべらせる

若い娘は しばらく浮かんだのちに 澱みに沈む…

 

ミレイ自身は、隅々まで均一な細密描写を施しながら

この画中にシダルのゆく末をどこまで見ていたのだろう、、、

シダルがモデルだという ロセッティ ベアタ・ベアトリクス